ソア

女性不信になって、ビットコインはじめて←イマココ

AI自動売買運用実績2018/12/28

いままでも何度か運用実績を書いてきましたが、一度まともに一つの記事で詳細に書こうと思います。

↓2019/02/01月版 当記事の次のレポート

masagutti.hatenablog.com

 

 

運用実績概要

 

はい1年間のあるビットフライヤー口座の資産推移どーーん

f:id:masagutti:20181228004852j:plain

 

いや損失こいてるじゃねえか!884円!(笑)と思われた方、大丈夫です詳しく説明していきます。

 

運用実績詳細

 

f:id:masagutti:20181228005244p:plain

 

まず僕がまともにAI自動売買を始めたのは半年くらい前です。その前にも1回ちょろっとやってますが。なので、最初に大きく損失こいているのはAI自動売買とは無関係。ただ自分で取引して負けただけです(笑)。その時

 

「あ、俺センスねえわ」

 

と悟りました。そしてしばらくしてAI自動売買開発に取り組んで行きます。

 

「でもその後の利益も1万円弱程度じゃん」

 

って思われた方、これは動作テスト目的での運用のためです。取引量を全て0.01BTC(つまり最小発注数量)にしてあるからです。これを10倍、100倍にすれば収益も10倍、100倍ということになります。

 

施行2,3回目で利益を出したあとそれを溶かすように損失を出したあと動きがないのは、損益を抑えるための開発をしていたからです。

具体的には施行2回目時は「マルチロジック化」

施行3回目時は「損失セーブ機能の追加」「パラメーターの最適化」

と改良しました。

 

最適化モデルの運用実績詳細

 

現在最も信頼性の高いモデルは「最適化モデル」なので、その運用実績をもう少し詳しく見てみましょう。上図での「施行4回目」です。

f:id:masagutti:20181228010601p:plain

 

白い線が運用損益、オレンジ色がその時のビットコイン価格です。

見てみると、先月の暴落時に影響を受け損失を出したがその後すぐに回復、その後も緩やかに下る相場に対し着実に利益を重ね、下がりきった反動で価格が上昇した流れを掴み大きく利益を出していることがわかります。

「最適化モデル」は様々な相場に対応できるよう膨大な量のパターンから遺伝的アルゴリズムを用いて最適なパラメーターを設定したものなので、このように上がり相場、下がり相場両方で利益を出せます。僕の自信作です。

masagutti.hatenablog.com

 

月利計算

この結果から月利を計算します。といっても動作テスト用の取引量0.01BTC固定のものなので、少し条件を

この条件で計算すると、初期の資産は約1500円、利益が約8000円なので月利は

約+533%

となります。

ちなみにレバレッジ1倍で計算すると

約+106%

です。

 

よくある質問「初心者でも使えるか」

 

よく

「初心者なのですが私でも扱えますか?」

というお問い合わせをいただきます。

この記事を読んでいただくとわかるように、僕も暗号通貨相場は初心者です。実際負けたわけですから。そしてその後は手動での取引はしてません。初心者の自分が出した損失をAI自動売買で取り戻した形になります(笑)どうやら僕よりもAIのほうがセンスがあるようです。

そのため僕の作る自動売買は初心者でも扱えるように作ってあります。ご購入後プログラム起動までたどり着けない場合は起動できるまでサポートしますので安心してください。

masagutti.hatenablog.com

 

 

それでは、良いお年を。