ソア

女性不信になって、ビットコインはじめて←イマココ

簡単にTRIZを利用できるツールを公開しました。あと少し語り

いつもAI自動売買の話ばかりしていますが今回は全くそれとは関係のないお話です。

 

私の専攻

 

私のブログを以前から見ていただいている方は私が大学生であることは知っていると思いますが、その中の何人かは、私が情報工学系の学科に通っている学生だと思っているのではないでしょうか。

 

まあ、これだけプログラミングの話とかPCの話ばかりしているので当然そう思われる方もいるでしょうが、実は私はデザイン系の学校に通っている人間です。(このブログのアイコンもそのうちなんとかしようとしてるんですけど、面倒で、、、、)

 

普段はビジュアルのデザインだとか、サービスのデザインだとか、機能のデザインだとか、ユーザー体験のデザインだとかそんなことを勉強しています。

またそれらをするには自然法則への理解や、アイデア展開の手法が必要になってくるので、そういったことも学びます。

 

f:id:masagutti:20181023170811j:plain

こちら私が描いた私の愛車、CB400sf NC39

手描きのあとPhotoShopで塗ってます

 

 

f:id:masagutti:20181023214045j:plain

高校3年の時、勉強からの逃避で描いたエヴァ初号機。鉛筆画

 

 TRIZとは

 

※「TRIZとは」なんて書いているくせに、実は全然学術的に理解があるわけではありません。マジレス勘弁です。優しく指摘してあげてください。

 

全然詳しくはないのでハイパー大雑把に説明します。

「TRIZ」は「発明的問題解決理論」という意味のロシア語の接頭語で出来た言葉で、何か新しいものを作るとき、それに求める形態や機能に付随する問題を解決する手法(理論)です。(完全なる私の解釈です)

 

「よりパワーの出る機械を作りたい」

けど

「それをしようとすると機械が大きく、重くなってしまう」

 

なんてときに

 

「じゃあ、こうしてみたら?」

「こんな方法があるよ」

 

って感じで導いてくれます。

 

この「よりパワーの出る」、「機械が大きくなる」、「機械が重くなる」

のようなパラメータが39種類あり、「改善させたいパラメータ」と「悪化するパラメータ」として縦、横にとって39×39の表を作ります。

f:id:masagutti:20181023175208p:plain

こんな感じ。

 

「パワー」を改善させたいんだけど「静止物体の質量」が悪化してしまう

という場合は19,26,17,27番の解決手法があるよって感じです。

表の全体が気になる方はネットで探してください、、、

 

f:id:masagutti:20181023181204p:plain

そしてこんな表があってこれらとさっきの番号を照らし合わせて「発明原理」を探します。

 

 

使いやすいプログラムにしました

 

 

が、いちいちこんな目が疲れそうな表を使うのはめんどくさいので

f:id:masagutti:20181023181558p:plain

「改善させたいパラメータ」と「悪化するパラメータ」を入力するだけで「発明原理」を表示するプログラムを作りました。公開してますので興味を持たれた方は使ってみてください。

 

ちなみにさっきの例を入力してみると

f:id:masagutti:20181023181946p:plain

こうなります。まあ、私はこれ見て具体的にどうすればいいのかよくわからないんですけど、、、結局は要勉強です。

 

 

恥ずかしながら「デザイナー」について考えを少し

※偉そうに語ってますがまだまだ勉強中です。指摘は優しくしてあげてください。

 

TRIZって勉強しだすと本当に奥が深いらしくて、時間もかかるらしくて億劫になって全然勉強してないんです、、

「楽にアイデア展開ができるといいなー」なんて思ってこんなものを作ったのですが、そう甘くはないですね。だからこそデザイナー(一言でデザイナーと言っても色々ですが)の仕事ってすごく大変です。

 

「デザイナーはアイデアがぽんと降りてきて、そこから絵にしたり形にしたりする過程に多く時間をかけている」

 

と思ってる方も多くいると思いますが、逆です。アイデアを固める過程にとても時間と労力をかけて、絵や立体やシステムなんかはぽんと作っちゃいます。

 

「なぜかはよくわかんないんだけど、この車若者に全然売れないんだよね。君、これを若者にも売れるようにデザインし直してよ。」

 

なんて言われてすぐに何をどうすればいいか思いつきますか?

 

 

これに取り組むとなると、まずなぜ若者に売れないのか調査、分析する必要がありますね。そのためにはその調査、分析の方法も知っておかないといけません。

 

イデアなんてものは、自分が持つ引き出しの範囲でしか出てきません。

もし、ある問題に取り組んでいるとき、ふとアイデアを思いついたとしても、それは今までの経験や知識から必然的に生まれたものです。

そしてない引き出しは作らないといけない。そのための調査、分析、そして手法です。

 

そう、デザイナーって絵を描いてるだけじゃないんです。絵なんてものはあくまで「自分」のアイデアを「他人」にわかりやすく伝えるためのツールでしかないんです。

 

なにか形あるプロダクトを作ろうとしたらまず、

 

どんな人が

どんな時に

何のために それを使うのか

 

等を考えてコンセプトを立ててそこから、

 

・そのような人たちはそのプロダクトに何を求めているのか

・その人自身すら気づいていないそのプロダクトに必要なもの、改善すべき点は何か

 

 

を調査、分析して

 

それを実現するにはどうすればいいのかを

・形はどうあるべきか

・機能はどうあるべきか

・色は何がいいか

・手触りはどのようがいいか

・どういった物理的制約があるか

・製造は可能か、コストはどのくらいかかるか

 

 

といったことを様々な手法で固めていきます。これ全部デザイナーの仕事です。

 

長くなりましたがこの過程を少し楽にできるかなと思って作ったものが今回のプログラムです。

 

モジュール公開してます

 

www.dropbox.com

 

ダウンロードしたファイルを解凍して、フォルダ内の「TRIZ.cmd」を実行すれば使えます。多分ブラウザからダウンロードへの警告が出たりウイルスソフトで弾かれたりすると思いますが、ウイルスとかPCに影響を与えるようなものではないです。

 

一応、

PythonがインストールされたPCで

Pandasというライブラリを使用できる環境にあれば使えると思います。

よくわからない方はググってください。私もあれもこれもは対応出来ないので、これらの環境構築の方法等を問い合わせされても回答はしませんので、自力で頑張ってください。そんなに難しいことではないので。

 

 

 

今回だいぶ調子こいた内容ですが大目に見てあげてください。

 

それでは。

 

auctions.yahoo.co.jp

masagutti.hatenablog.com